Whereabouts; by G.D.M.T.

2017
07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-)
Boy's Discovery

090730-001.jpg

「ほら、また見つけたよ!」って、いつだって役に立たない発見ばかり。 瞳をやけに、キラキラさせながら。


【今日の一曲】

John Lennon『 Stand By Me 』
http://www.youtube.com/watch?v=2Q5hg0UQx9s

未分類 コメント(4) トラックバック(0)
コメント
--オネガイ--

今回の写真も素敵です。
基本G.D.M.Tさんの作品の個性が好きなんです。
なので、リンク張らせてください。
っていうオネガイです。
この前プリントアウトしてじっくりっていっていただけたの、実は今までで一番うれしかったです。
どうしても絵に目がいってしまいますからね。
ではご検討のほど…
by: モールエイジ * 2009/07/31 00:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

モールエイジさん、こんばんは!

リンクのお申し出、ありがとうございます。
オネガイだなんてとんでもない。もしよろしかったら、どうぞどうぞ~♪
こちらもリンクを是非に!って言いたいところなんですが、
なにぶんシンプル構造でやってるものですから、相互リンクといかない事をお赦しください。

プリントアウトの件、気になるテキストってどうしてもじっくり読みたいから、
自然と出力しちゃうクセがついてるんですよね~。
“MOLE AGE”は本気度が伝わってくるので、モニタの流し見だけじゃ失礼ですもん。
逆に『ウザイ』って思われなくて、ホッとしました(^^)
by: G.D.M.T. * 2009/07/31 00:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

G.D.M.T.さんの「人」は豆粒サイズでもシルエットになってても
存在感が有りますよね。
上の夜店なんか、「群れ」なのに一人一人に個性を感じます。
ここでは、人が人として扱われてる!(需要と供給の対象じゃなく)
心が暖まります。
その感覚が(画作りのセイで)ノスタルジーと一緒ってところが、
もしかしたら登場人物に反面教師を演じさせておられる?
な~んて穿って観てはイケナイすね。 素直にならねば・・・

でも、見えちゃうんです。  「当たり前のユートピア」
by: Taxie * 2009/08/02 17:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

Taxieさん、こんばんは!

ちょっと朝から遠出してたものですから、レスが遅くなりまして申し訳ありません!

一枚一枚を深く視ていただいた上でのコメント、本当にありがとうございます。
ここ最近の数枚は特に、タッチや仕上げも含めて僕なりに潜ませようとしているモノがありました。
コメント欄(写真のすぐ真下)でその辺を自ら説明しちゃうのもアレですから暈しときますけど、
Taxieさんの鋭い眼力には、毎回まったくもって恐れ入ってしまう次第です。

それにしても、敢えてこの辺りのちょっと奥まったエントリーに、
さりげなくこうしたコメントを下さるあたり…ますますRespect!なのです。
by: G.D.M.T. * 2009/08/02 23:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gdmt.blog47.fc2.com/tb.php/100-cfa09173
 ホーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。