Whereabouts; by G.D.M.T.

2017
09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-)
吹いていった風

090811-001.jpg

いつも賑わっていた通りの店先のシャッターは、何処も下ろされたまま。 面影ばかりを遺して。


【今日の一曲】

ハナレグミ 『 家族の風景 』
http://www.youtube.com/watch?v=8VrpUPTkua0

未分類 コメント(6) トラックバック(0)
コメント
----

地方にいくと、確かにシャッター通りが目につきます・・・
毎回感じますが特にモノクロの
音でいえば細かいビブラートがかかったような
(うまくいえませんが)繊細さが印象的です。
by: ゾノ * 2009/08/11 14:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

ゾノさん、こんにちは。

台風に地震と連日災害続きですけど、そちらは影響ありませんでしたか?

写真をモノクロで撮ったり、アフターでモノクロに処理する場合は、
気分の問題以上に、「これはこう視えた」という感覚がより強いときなので、
そうした自分の中の印象に向けて、ついひと手間かけて仕上げてしまいます。

“ビブラートがかかったような”…ああ、なんて美しい比喩!
勿体なさすぎて恐縮しますが、嬉しいです。 ありがとうございました。
by: G.D.M.T. * 2009/08/11 15:15 * URL [ 編集] | page top↑
--ほんとに--

僕の住んでるところはまだ少しは栄えてるほう…
でもやっぱり属にいう商店街にやる気や活気は感じられず…
さみしいよね、
モノクロの写真と処理(かかってるのかな?)がさみしい商店街の風景にとてもマッチしてますよね。
さみしさ10倍です。
by: モールエイジ * 2009/08/12 09:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

モールエイジさん、おはようございます!

以前は商業的にも県内で2番目の集積地を誇っていた町だったんですが、
90年代以降、複数あったデパートや百貨店も軒並み撤退・閉鎖で姿を消し、
駅から延々と続くバス通りの商店街もご覧の通りの閑散さ…。
相変わらず元気がある(?)のは歓楽街方面だけになってます。

僕も町を離れていった人間のひとりですから、あれこれは語れませんけど、
やっぱり通りのあちらこちらにいろんな想い出があるので、
こうして面影と現実のあいだに立つと、複雑な気持ちになってしまうのでした。
by: G.D.M.T. * 2009/08/12 10:54 * URL [ 編集] | page top↑
--saryuです。--

こんにちは。

最近、戦争にまつわる映像を見る機会が多かったからか、まったく違う時代のはずなのに、歴史の一部を垣間みた感じがしました。

建物も道も昭和のあの時とは違うはずのに、ましてや自分は見た事もない土地なのに、懐かしいというか、記憶の一部分を見たというか、そんな感じでした。

多分、私の中で歴史ブームが起きているからだと思うんですけどね(笑)
by: saryu * 2009/08/12 17:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

saryuさん、ありがとうございます。
素敵なブルーがひろがるsaryuさんの場所から、モノクロの世界へようこそ~(笑)!

おお、歴史ブームですか~!!
いつの時代も折々の大変さはあって、みんな懸命に自分の物語を生きてるわけですけど、
いまこの時もゆっくり過去になって、やがて大きな歴史の中に組み込まれていくのですね。
歴史を知ると、様々な事象や人が決して自分と無関係でないってことにふと気付いたりします。
そこから豊かさや愚かさの意味、あるいは敬意や礼節の大切さを学ぶことも……。

こうしてsaryuさんと僕がおしゃべりさせてもらってることにも、
ひょっとしたら不思議な縁があったりなかったり…いやいや、きっとあるはずです(笑)!
by: G.D.M.T. * 2009/08/12 17:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gdmt.blog47.fc2.com/tb.php/111-fa57c731
 ホーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。