Whereabouts; by G.D.M.T.

2017
07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-)
名前なき事物たちへ

100109-001.jpg

言葉で言えなくて 声で言ってるよ




100109-002.jpg

声でも言えなくて 内臓で言ってるんだ




100109-003.jpg

本当に大切なことは 何万年来 不変です




100109-004.jpg

そして どうでもいいことは 




100109-005.jpg

もう 言い尽くされていると 思うんだけど ( 谷川俊太郎『少年Aの散歩』より )


【今日の一曲】

America『 A Horse With No Name 』
http://www.youtube.com/watch?v=zSAJ0l4OBHM

未分類 コメント(40) トラックバック(0)
コメント
----

初めまして。
1枚目の緑の色が何ともいい味だしてますねぇ
かっこいいです!!
by: 55kikaku kitaoka * 2010/01/09 23:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪55kikaku kitaokaさん、こんばんは♪

はじめまして!
ご訪問ばかりかコメントまでいただき、ありがとうございまっす♪

1枚め、お気に召していただけてウレシイです!
撮ったのは少し前なんですが、早朝の公園での一枚でして、
その時間帯特有の蒼さが全体に被ってくれて、ちょっとおもしろいトーンになりました。

55kikaku kitaokaさんのブログのほう、拝見しました。
『中講堂』、めっちゃ渋いッ!!…と思って下まで降りて見ていくと、
『Happyオーラ』みたいなやさしい写真があって、ムフ~ンってなっちゃったり♪
とても懐が深く、さすが表現者!という感じで、楽しませていただきました。
ヨシカミは、僕も大好きです! 平日のお昼は、やや遠方ゆえ物理的に行けないのですが、
これはゼーーーーーーッタイ食べたいッ!!

ダンス公演のほう、がんばってくださいね!
またゆっくりブログのほうへ遊びに伺わせていただきます♪
by: G.D.M.T. * 2010/01/09 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
--朝を待たずに ^_^;--

メメント・モリという感じでしょうか・・・
ガーン!ときました

谷川さんのこの詩は 知りませんでした
抜粋ですよね?
全文読んでみたいです ^-^
by: ゾノ * 2010/01/10 00:07 * URL [ 編集] | page top↑
--はと・・・--

怖いです。。。

車・・・シャリオ・グランディス 色違いだぁ!

とにかく、押しが強くて、圧倒されてます。
昨夜はほぼ寝てないので、負け負けです。
by: としぞう * 2010/01/10 00:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ゾノ・ナイトVer.さん、ありがとうございまっす♪

いつも来ていただいてるのに、なかなか更新ができなくってゴメンナサイ!
で、『メメント・モリ』。そうそう、そうなんです。
はじめは、そんなのが頭の中にありつつ、自分の言葉でのテキストを、
連々と書いてたんですけど、なんかどんどん重くなっちゃって… ^^;
結局、言いたかったことはここに在る気がして、谷川さんの言葉の一部を拝借しました。

『少年Aの散歩』という詩は、ちょっと長いんですが、現代詩のなかで僕が一番好きなものです。
(あ、ちなみに、この詩がメメント・モリ的な一編であるというわけではありません)
ブログを通じて親しくおつきあい頂いてる『コスモスの夢』さんという方と、
最近この詩の話になったことがあって、またあらためて読み返していたところなのでした。
ハルキ文庫から出てる、谷川さんの詩集に収録されてますよ♪
良かったら、いつか読んでみてくださいね。
by: G.D.M.T. * 2010/01/10 01:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪としぞうさん、いつもありがとうございまっす♪

>シャリオ・グランディス 色違いだぁ!

おおっ、ぬわんと~っ!
えへへ。 細かいトコ、みていただきましたね~♪
…って、あ~もうっ!
まだ眼の調子が悪いんですから、僕の健康的でない写真なんて、
サラッと見てくださったら、そのままスルーしてくんなきゃですよ!
今夜は、しっかりと睡眠とってくださいね♪
さもないと…また長話につきあっていただくことになっちゃいますよ~!(←軽い拷問)

…あ、鳩さん。 怖かったですか…スンマセ~ン ^^;
by: G.D.M.T. * 2010/01/10 01:01 * URL [ 編集] | page top↑
--衝撃そして安らぎ--

ど素人ですが、お邪魔します。

一枚目、木の根っこが私には手のように見えます。
倒れないように手をいっぱいに広げて、大地を掴んでいるみたい。頑張っているんだなぁ~。

二枚目、ハト・・って、そんな風に道端で死んでしまうのですか?物悲しさを感じます。駆け付けたい。

三枚目、都会の夕焼けって、ビルの向こうにあるんですね。綺麗だな~。

四枚目、雲の憩う町・・串田孫一「雲の憩う丘」のパクリ・・でした。(笑)

五枚目、やわらかな光の中でまどろむ乙女。何という名前の花でしょう?カーテン越しの光がとても心地よさそう。

感動と衝撃と安らぎをありがとうございました!





by: jyobitaki * 2010/01/10 01:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪jyobitakiさん、こんばんは♪

ワ~オ! 一枚一枚、ていねいに視てくださって感激でっす!!
ではでは、お礼に僕も、細かくレスを♪

一枚目…そうそう。そうなんです! 木の根っこだったり、苔だったり。
密やかに、人知れず、そこで息づき、しっかりと踏ん張ってるその凛々しさ…そっと撮らずにはおれませんネ。

二枚目…早朝、オープンカフェの店先でみつけました。 眼を閉じて、まるで眠っているみたいでした。
これもまた自然の摂理、僕らにはなんにもできませんね。 そこで『死を想う』ことくらいしか。

三枚目…ブッブー!! 都会ぢゃなくって、ただのしがない地方都市でした~♪

四枚目…信号待ちで、車内からの一枚です。雲はたいてい、地上の出来事になど無関心に浮かんでいます。
そんな雲をつい眼で追っているうちに、眼前の光景は無かったもののように、視界から流れさってゆくのでした。

五枚目…まどろむ乙女、とみていただきましたか! jyobitakiさんてば、詩人ですねえ♪

『感動と衝撃と安らぎ』…嗚呼。 僕の写真なんかには、どれもこれも勿体ないお言葉ですけど、
ビビッと感じていただけるものがあったのなら、メチャメチャ嬉しいです!!
by: G.D.M.T. * 2010/01/10 01:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

お☆リアルワールド!

なんか、リアルゴールドみたいに
なってしまいましたが・・・。

あら、鳩さんが、モザイクかけたのでしょうけど、
鳩さんの方が前面に出ちゃってますよ~♪

こ、これは、ま、まさか、また、
政権崩壊の予兆?!

画像だけ見ると、少しずつ寂しさが出てきましたよ。
今(now)日は一人で眠れそうにもありません。
グガー・・ピー・・・トントン・・・ツートン・・・ツー
by: アキヒサナウ * 2010/01/10 02:23 * URL [ 編集] | page top↑
----

初めてコメント致します☆

好きな樹があるんですけど・・・。
こんな風に撮ったら伝わるものがあるん
ですネ。
とは言えド素人ですので・・・。
このような写真は撮れませんが・・・。

いつもすばらしい作品を拝見
しておりま~す。
by: harunayamaneko * 2010/01/10 05:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪堀さん…でなくって、八島さん…でもなくって、アキヒサナウさん、あざ~っす♪

リアルワールドっつーか、なんてゆーんですか、その~、
『いつもとおんなじような朝を迎えられるってことは、とてもシアワセなことなんだよなぁ♪』
と、しみじみ想ってしまいます…ってな感じですね。

あ、随分夜更かしされましたね? さては、何かの制作物が佳境だな~?!
そうそう、僕は予知能力と透視能力を持ってますからね~、
政権崩壊…アルと思います!!
ん?ありゃ、モザイクはずれてましたぁ?! いや~~~~ん (*/∇\*)♪

んでもって、最後のはなんだ、モールス信号ってやつですかね?
よっしゃ! 解読するぜいっ!! ……え~、なになにぃ……
『仕事なのにあのときの声とシンクロするなんて…プロの声優としてありえないだろ?!』
なん~~~~じゃ、そりゃっ!! (…あーゆーの、どーにかならんのかね、FC2)
by: G.D.M.T. * 2010/01/10 10:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪harunayamanekoさん、おはようございます♪

はじめまして!
ご訪問ばかりかコメントまでいただき、感謝感激でっす♪

あ、1枚目の写真に、なにか感じるモノを抱いてくださったんですね! ウレシイです!!
部分と全体、ということについては、よく考えたりします。

下向いて歩いてばっかいるわけぢゃないんですけども(笑)、
光や影を追いながら、ふと足元に眼を向けてみるのって、結構好きなんですよね~。
そこでみつかるものも、たくさんあったりします。
偶然落ちてた100円玉とか…w (そこかい!!)
harunayamanekoさんが大切に想ってらっしゃる樹の写真、是非みてみたいです!!

harunayamanekoさんのポストカード、すごく素敵ですね~!
色使いやタッチ、構図や空間性など、独特の美学をお持ちで、
大変魅かれるものがあります。
またゆっくり拝見させていただきますね~♪
by: G.D.M.T. * 2010/01/10 10:16 * URL [ 編集] | page top↑
--生或る者の--

確かな息吹が、そこに存在していて。
生或る者を取巻く時空が確かに動いているのに。
まるで何事もなかったように暮らしている僕らは
なにも見えていなかったのかもしれない・・・。

という感想。写真の表と裏が交差点のようにいったりきたりするのは、
この画像から発するエネルギーだけのものなのですかねぇ。
なんかすげえや。
by: 親方あやかし堂 * 2010/01/10 10:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪親方“おっとこまえ~”あやかし堂さん、こんばんにゃ~♪

出先から帰ってブログを確認してみましたら…
ああううあおうえぐごっ!(大変です!呼吸困難なんですっ!)
深いところにグッとくるコメント、ありがとうございまっすぅ~!

世の中にはたくさんの免罪符みたいな言葉が溢れてて、
それを弄することでやりすごせることも凄く多いですけど、
そうやって隠蔽してしまう部分にこそ、大切なことは存在している気がします。
僕の表現も、僕自身もまだまだ全然薄っぺらいですが、
現実との擦過において被るザラザラやヒリヒリを決して忘れたくない、と想っています。
注意深く、表も視れば、裏も視ながら。

『遠くのできごとに 人はうつくしく怒る
 近くのできごとに 人は新聞紙と同じ声をあげる』

僕が好きなもうひとつの詩、石川逸子さんの「風」の一節です。
by: G.D.M.T. * 2010/01/10 20:36 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは~--

光と影
やっぱり写真はいいですね。
何気ない日常も撮る人によって
違う表情に変わるのが驚きです。
写真を撮る人の視点って気になりますね~。

2枚目の鳩・・・。怖いかも。
そっそれは死骸ですか?

ではでは


by: ダックテール * 2010/01/11 02:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ダックテールさん、おはようございまっす♪

コメント、ありがとうございまっす~♪
『何気ない』ってことばも、やっぱり『名前がない』のと同義なんですよね。
何か特別な名前を与えられるってのは、それだけでとても幸せなことだと思います。
少なくとも、名前をつけてくれた人から、瞬間でも深く深く大切に想われていたのですから…。

僕は、ともすれば『何気なく』視界を過ぎ去ってしまうような、
それでもたしかにそこに在る(あるいは在った)『名前がない』モノたちを、
これからも撮り続けていくと思います♪

光と影は…表と裏でもありますね♪
2枚めの鳩は…いつかこの子が、僕の頭上を飛び回っていた日があったのかもしれません。
僕がそのことに気付いていなかっただけで…。

ではでは♪ ←すぐに真似っこしたがります…
by: G.D.M.T. * 2010/01/11 09:46 * URL [ 編集] | page top↑
--おはようございます。--

Saryuです。

ん~、難しいテーマに挑戦されましたね~。

「大切な事」や「大事な事」って言葉にすると「大事な物ワク」から外れてしまいそうで、だから感じましょうよって気もするんですよね。
んで、大事な事だと思うからこそ、人に言ってみたい感じもありますしね。

難しいな~なんて思いつつ、考える事もまた大事かな?
なんて感想をもちました。
by: saryu * 2010/01/11 09:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは。
すっかり年も明けてしまいましたが、
今年も宜しくお願いいたします。
出稼ぎ隊から帰還したものの少しギックとやってしまった腰をかばいながら
生活するおばちゃんデス。
それでも、この歌を聴きながら19の私に戻りました(笑)
名前のない馬。この曲好きだったンですよ^^

しっとりとした早朝の木々の根元や苔って息づいているのがよーく解りますね。
緑って難しい色デスガ、とてもいい写真ですね。
by: モディ * 2010/01/11 10:14 * URL [ 編集] | page top↑
--撃たれました^^--

それも5発も。
こちらの心臓は蜂の巣です^^
特に2発目がすごかった。

勝手な解釈ですが、これはいのちの写真なんですね。
そうして見ると3枚目の街の風景は
自分を見つめているようであり、
4枚目は家族や毎日を見つめているように思えます。
5枚目は明日かな?

ちがったら、すみません^^;
by: birdy * 2010/01/11 10:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして。
足跡からお邪魔しました。

素敵な詩ですね。
お写真を拝見しながら、何度も読み直してしまいました。

どうでもいいことは言い尽くされている
本当にその通りだと思います。

1枚目のお写真、苔むした大地の深い緑色に心惹かれました。
私のようなカメラ初心者が言うのは失礼かもしれませんが、本当に綺麗なお写真ですね。
私も日々修行しなければ!です。
by: 猫缶 * 2010/01/11 14:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪saryuさん、ありがとうございまっす♪

あ、きっとsaryuさんは、奥さまに『愛してるよ♪』って云わないタイプですねっ(笑)

…って、そんな話は一旦こっちにおいといて、っと… ^^;
「大事な物ワク」とは、実にうまい表現ですね!
まさにおっしゃるとおり、言葉にすると、いきなり陳腐になってしまったり、
その大事な何かが指の間からこぼれ落ちてしまいそうになる局面て、実に多いです。
でも、そのことを真摯に『想い』、『感じ』、『考える』ことは、やっぱし必要でしょうね。

新年2発めから、少々やっちまったな~感もあるにはあるのですが(苦笑)、
僕の撮影スタイルやスタンスを公開しているという場において、
こういうテーマって、一度はちゃんと通過したかった部分ではあります。
by: G.D.M.T. * 2010/01/11 20:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪モディさん、ありがとうございまっす♪

こちらこそ、今年も引き続き、よろしくお願いいたしまっす!

『名前のない馬』は、前にモディさんとお話しした時、話題にのぼりましたよね♪
僕もすごく好きな曲で、なにかの記事で選曲したいな…と、ずっと思い続けてました。
実は、モディさんのリンクから、つきちゃんの亡くなった時のブログの記事を読んで、
なんだか涙が止まんなくなっちゃいまして、ベクトルは違いますが、
少しだけ『生』と、その裏側のことについてにも、触れてみたくなってしまったのでした。

そうそう、木々の根元や苔をみてると、静かな息づきを、いつもしみじみと感じます。

あらま! ギックリやっちゃいましたか?!
どうぞお大事に~!!
by: G.D.M.T. * 2010/01/11 20:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪birdyさん、ありがとうございまっす♪

なにやら、乱れ撃ってしまいましてぇ~っ…まずは、ご無事で何よりでした!
かかった治療費はきっちりこちらまで請求してください ^^;

>勝手な解釈ですが、これはいのちの写真なんですね…

激しく、Yes!です!!
「いのち」ってやっぱり、日常の根源に脈々と流れているものですから、
浅い表現でお恥ずかしくはあるのですが、きっちりと向かい合いたい部分なのです。

2枚めは、見てくださってる方々への配慮が随分と欠けているかもしれません。
実はもっとオブラートに包んだ処理を施した画像も用意していたのですけど、
嫌悪感を抱かれるのも覚悟して、よりストレートなほうを出させてもらいました。
3~5枚目は、まさにbirdyさんが感じてくださったような対象への視点であり、投影ですね。
birdyさんと感点を共有できたみたいに思えて、涙がちょちょぎりんばかりです!

一枚一枚、本当に丁寧に視てくださって、ありがとうございます♪
by: G.D.M.T. * 2010/01/11 20:30 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪猫缶さん、こんばんは♪

はじめまして!
ご訪問ばかりかコメントまでいただき、誠にありがとうございまっす♪

1枚めの写真、お気に召してくださり、とてもウレシイです。
そして『どうでもいいこと~』の一節に共感してくださって、もう感激の極み!!
そうなんですよ~。この谷川さんの『少年Aの散歩』は、めっちゃ僕のココロの琴線に響くのです。
こんなふうに、自分の言葉も紡ぎたいものだといつも想うのですが、それがなかなか…w
今回は思わず、谷川さんの言葉に助け舟を求めてしまいました。

そうそう。 ご自分を“初心者”とおっしゃる方に限って、とても良い写真を撮られてるって、
僕はいつも思ってますが、猫缶さんもやっぱりそんなお一人みたいですね~♪
たとえば、『写真教室(体験)に行って来ました。』 の2枚は、僕は元の絵のままが断然イイなって感じました。

ご自身の感性や感点を大切に、これからも是非素敵な写真をみせてくださいね♪ 
またゆっくり遊びに伺わせていただきま~す!
by: G.D.M.T. * 2010/01/11 20:35 * URL [ 編集] | page top↑
--今晩は--

名も無き事物達の声を聞くには…

自らもアノニマス(無名性)的であること。

そんな気がします。


ちっぽけな個の存在を包み込む
大きな存在を感じる為に…




by: ぷんくとぅむ * 2010/01/11 22:29 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは--

お見事としかいいようがない!

ナイスな組写真です。
キチンと物語に感じます。

鳩の写真を入れた勇気とエグく見せない技術には尊敬の念を抱かずにはいられません。

鳩があるからこそ、ラストの花が効いてくるようにも感じてしまって。

違う心の状態のときに、また見てみたいと思いました。
どう感じるのだろう。
by: Katsu0101 * 2010/01/11 23:51 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ぷんくとぅむさん、こんばんは♪

ぷんくとぅむさんらしいサジェスチョン、ありがとうございます。

何かが何かを確かに知覚する、という瞬間があったとして、
それが能動的であるか、受動的であるか、
どんな器官を使ったのか、あるいは使わなかったのか、
互いがどこの誰であろうと、なかろうと、
更には、者であろうが、物であろうが、
それらは多分、全く関係ありませんよね。
まさに、内なる魂のどこかに全てのモノが持っている
「アノニマス的」なる部分が、ただ単純に響きあうだけ…そう思います。

ときに、プンクトゥム=小さな裂け目を伴い、分かち合いながら。
by: G.D.M.T. * 2010/01/11 23:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪Katsu0101さん、こんばんは♪

記事全体をしっかりみていただいてのコメント、ありがとうございまっす!

鳩の写真は、入れるかどうか、最後まで悩んだんですが、
自分の中では、どうしても必要な一枚だと思えたのでした。
ある意味で、それはとても傲慢な考え方なのかもしれないし、
なんにしろ、一般には、不適切な画像であろうことは自覚していますが、
Katsu0101さんの眼にエグく映らなかったとしたら、とてもとても嬉しいです。

でも、それは「エグく見せない技術」というんぢゃないんですね。
この鳩の姿が、僕にはひどく透明にみえて、それは「エグい」とかってものでは全然無かったんです。
それを僕がその通りに捉えることが出来たのかといえば…まだまだ足りてない部分が多いです。

>違う心の状態のときに、また見てみたいと思いました。 どう感じるのだろう。

これも、すごくうれしいコメントでした!
僕もまた、時間をおいて、ふたたび自分に問いかけてみようと思います。
by: G.D.M.T. * 2010/01/12 00:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

鳩がかわいそうと思いつつ、素敵だと思ってしまった私。
自然の摂理のヒトコマだから、写真の力が増したんだと思います。
なんだか、映画「おくりびと」納棺師の世界が浮かんできました。
深い作品です。

p.s.リンクの件、了解です。
by: Vol★Affiliate * 2010/01/12 23:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪Vol★Affiliateさん、こんばんは♪

あ、いまさっき、そちらにコメさせていただいてたとこでした!
このような拙いブログをリンクしていただき、誠にありがとうございました♪

鳩の写真は、2010年が明けて、わりかし最初の頃に写した1枚です。
「おくりびと」とか「深い作品」とかまでは、自分ではとても思えませんが、
僕なりに気持ちを入れて、そっと大切にシャッターを切ったつもりです。
Vol★Affiliateさんに否定的に受け取られなくて、うれしく思います。

「自然の摂理のヒトコマ」…まさにそうなんですよね。
こういうことって、特別だけど、特別じゃない。
そう思うのです。
by: G.D.M.T. * 2010/01/12 23:25 * URL [ 編集] | page top↑
--来ましたね!--

あれこれの
なかにいて
おいそぎの
おおい日々
この詩だか  ら
またあとで
寄ります。
by: コスモスの夢 * 2010/01/13 06:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪コスモスの夢さん、ありがとうございまっす~♪

ワ~オ! その“シメのひとこと”はっ…これまた、来ましたね!

今回の記事は、『少年Aの散歩』ありきっていうのではなくって、
どうにも言葉につまってしまい(なにやら大仰な物言いになっちゃったりとか…)、
谷川さんのこの詩の一節に助けを求めた、という感じです。
まだまだ(×100くらい!)修行が足りませんですよ。 ホントに。 とほほ。
でもこの詩の27節、どこをとっても、そこに僕が日々思ってること/感じてることが、
そのまんまにあるのも事実です。
出会えて良かった言葉たちだなと、心から思っています。
そのうち、ソラで全文が云えるようになるんぢゃないでしょうか♪

コスモスの夢さんも、だいぶご多忙のようですね。
毎日お疲れさまです。 お互い、頑張っていきまっしょい!!
by: G.D.M.T. * 2010/01/13 11:49 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/01/13 15:29 * [ 編集] | page top↑
----

♪鍵コメさん、ありがとうございまっす♪

The answer, my friend, is blowin' in the wind,
The answer is blowin' in the wind.
by: G.D.M.T. * 2010/01/13 19:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

いつ拝見してもカッコいい!
生まれ持った才能としか…。
僕も水鳥を撮って見ましたが
G.D.M.T.さんのような溢れる生命力を感じる写真になりませんね(;´∀`)。
今後とも宜しくお願いします。

by: ジャパンブルぅ * 2010/01/14 22:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ジャパンブルぅさん、ありがとうございまっす♪

またまただいぶ更新が滞っておりまして・・・スンマセ~ン!
うっ、生まれ持った才能、ですとぉ~?! そんな過褒をおっしゃらないでください~!!
てゆーか、生きとし生けるモノ、それぞれにきっと、
何かしらの才を生まれ持っているものだ、とは思ってるんですが…
僕のバヤイは、シャシンではありませんね(キッパリ!)。
かといって、その才が何なのかは、さっぱり解りません…w
ナニカとてつもなく役に立たない能力が秀でているヨカンがしてますけども (;´∀`)

で、水鳥! キテますねえ。 僕も、ほぼ毎朝、公園の水鳥を撮ってますので
(最近は寒いのと忙しいのとでサボりぎみ)、シチュエーションがよく解ります♪
生命力や躍動感、しっかりばっちり出てるぢゃないですかぁ~!
モノクロで抑えたところが感性ですよね。 とても詩的なイメージです。

こちらこそ、今度ともどうぞよろしくお願いいたします♪
by: G.D.M.T. * 2010/01/14 23:27 * URL [ 編集] | page top↑
--ファイト!--

忙しそうですね!頑張って下さい!
もはや無理しないで!なんて野暮なことはいいませんよ!
無理して頑張ってください!あとは野となれ山となれ!ガオ~!
今回みたいな素敵な色彩の写真を待ってる人がどうやら沢山いそうだよ!
デレシシシ!
by: モールエイジ * 2010/01/15 09:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪モールエイジさん、こんにちは♪

うれしい応援メッセージ、ありがとうございまっす♪
むひょ~! なにやら「!」がいっぱいだ!!
特に「無理して頑張って」ってトコロがモールエイジさんらしくて、
なんとも気持ちイイぢゃあ~りませんか♪
イエッス! ザッツ・虎の穴!! ガオ~~~!!

本当に、いつも見に来てくださってる方々には、
さっぱり更新されないブログで、申し訳ない気持ちでいっぱいなのです。
でも、たかが記事ひとつ、されど記事ひとつって気持ちでやってますので、
こちらにもしっかり注力できるようになるまで、なにとぞご勘弁いただければと願っております。
ただ、自分のトコを更新してないと、皆さんのところに立ち寄らせていただいても、
なんだか後ろめたくて、コメントや足跡を残しづらいんですよねえ… ^^;

とにかく、目の前のモノ、いっこいっこやっつけてきますよっ! ガオ~~~!!
by: G.D.M.T. * 2010/01/15 13:47 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/01/15 14:34 * [ 編集] | page top↑
----

♪鍵コメさん、こんばんは♪

いただいたコメントは、
タイトルもふくめて、まるで一編の詩のようですね。
前者も後者も、人間としてとても愛おしいように、僕には思えます。

そうそう。 話は若干ズレますが、
失うものがない者は、常に勝ち続けることを求め、
守るべきものがある者は、決して負けない道を求める、なんてこと言いますね。
by: G.D.M.T. * 2010/01/15 19:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gdmt.blog47.fc2.com/tb.php/200-7f947e8b
 ホーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。