Whereabouts; by G.D.M.T.

2017
07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-)
ごきげんよう



140910-001.jpg



“ごきげんよう”は、さまざまな祈りが込められた言葉だと思います。
「 どうか健やかに、お幸せにお暮しください 」という祈りです。


人生は、うまくいく時ばかりではありません。
病気になることもあるし、何をやってもうまくいかない時もあります。


健康な子も、病気の子も、大人たちも、
どうかすべての人たちが、元気に、無事に、
放送を聞けますようにという祈りを込めて、番組を終わらせたいんです。( 中園ミホ『 花子とアン 』より )







・・・Read More?








140910-002.jpg



現在放送中の、NHK朝の連続テレビ小説『 花子とアン 』の主人公で、
実在の人物でもある翻訳家 / 児童文学者の村岡花子さんが、1930年代当時のラジオ番組において、
子供向けのニュースを読み聴かせるというコーナーの担当に抜擢された際、
ラジオの前の子供たちへの挨拶として、元のニュース原稿には書かれていない
『ごきげんよう』という言葉を、是非とも番組の終わりに加えさせて欲しいと申し出たところ、
ラジオ局の制作部長やアナウンサーから、「そんな山の手言葉の気取った挨拶を差し挟む必然性などない。
ニュースは、与えられた原稿を一字一句違わず、正確に読みさえすればそれで良いのだ。」と猛反対され、
それにたいして、凛とした表情で上記のように語る場面があり、『ごきげんよう』が内包する意味の奥深さに胸を打たれました。











140910-003.jpg



私事で恐縮ですが・・・


実は、8月も終わりに向かいつつある或る雨の日の夜道で、実に運の悪いアクシデントに遭い、
ちょっとばかり派手に右手を変形骨折してしまいまして、事故の翌日から、手首の関節の転位(ズレ)を修復しながら、
折れた右橈骨を、直接金属プレートで固定するという手術のために、10日ほど緊急入院することとなり、
ちょうどその前述のシーンの放送を、すっかり凹んで気弱になっていた病床で視聴していたせいで、
ことさら心にグッと響いてきたのかもしれません。


あっ! 患部の経過はすこぶるよろしく、先日順調にシーネ(ギプス)もとれ、抜糸もできましたので、
どうかくれぐれも、ご心配などはいただきませんように・・・m( _ _ )m


手術後からすぐにリハビリを開始したおかげか、指先の機能は、もうほぼ完璧に復活しており、
こうしてキーボードを打ったり、単純なマウス操作などもまったく問題ないのですが、
手首の動きや筋力の回復のほうは、日々精一杯の努力をしているものの、まだ時間がかかってしまいそうで、
あれはダメ、これもダメと、禁止項目もいっぱい言い渡されたりしております。。。゚(。´□`)゚。 


とにかく、利き腕がうまく使えない不便ともどかしさで、ぶっちゃけテンションがさっぱりあがりませんデス(爆)











140910-004.jpg



そんなわけで、ブログ活動のほうも、しばらくお休みさせていただくことにしました。


もう少し右手の調子が戻ってきたら・・・ つうか、テンションがググッとあがってき次第(・・そこ?(笑))、
シラッとした顔でフツーに更新していたりすると思いますので、その節はどうぞよろしくお願いいたします (*´人`*)





ではでは、この場所でまた、皆さまと笑顔でお逢いできるときまで。




ごきげんよう。




さようなら。











140910-005.jpg


HUG「なんだかんだいっても、お散歩はガッツリしてますワン♪」( なにしろ散歩は、僕とハグの共通の“生き甲斐”ですから〜♪)





【今日の一曲】


絢香『 にじいろ(Studio Session LIVE ver.)』
http://www.youtube.com/watch?v=gB6n0LaP8wA

※あらためて一曲通して聴いてみたら、これまたジ〜ンとくる歌詞(←click!)ですた。。。(´;ω;`)




未分類 コメント(-) トラックバック(-)
 ホーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。