Whereabouts; by G.D.M.T.

2017
05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 07
動いているものは、動いている者にしか見えない

090620-001.jpg

佐藤雅彦さんの『表現』が好きです。

相手に何かをよりよく伝えるためには、全てを詳らかに説明して、
「ほらね、こうだからこうなるでしょ?ねっ?ねっ?!」と
半ば理解を強要するかのようなやり方ではなく、
「てことは、こうだとこうなって…あっ、そういうことかっ!」といった
相手に“自ら気付く”ための過程体験を与える方法が理想的なわけですが、
そのために佐藤さんが用いるヒントの提示の仕方や答への導き方には、
ちょっとした意外性がありつつ、実に肩の力が抜けまくっているため、
一見厄介そうな概念などでさえ、すんなりと腑に落ちてくるのでした。

頭や視点のスイッチが切り替わると、物事はとたんに面白くなりはじめます。
でもそのスイッチを操作するのが自分自身じゃなかったとしたら……
やっぱりどこか物足りなさを感じるのではないでしょうか。

氏が監督・脚本を務めた短編映画集「Kino」は、実験精神に満ちた最高の作品で、
著書の中では「毎月新聞」と「プチ哲学」の2冊が特にお気に入りなのですが、
現在「毎月新聞」はamazonで中古商品68円から、
「プチ哲学」に至っては1円からと価格が暴落している模様。
初出典が10年前とは言え、いくらなんでも安過ぎてフクザツな気分です(苦笑)。

あ、最新作の「差分」も、ちょっとおもしろそうだなぁ。

http://www.masahicom.com/blog/index.cgi/books/20090412sabun.htm


【今日の一曲】

"Baby Face" Willette『 Swingin' At Sugar Ray's 』
http://www.youtube.com/watch?v=xheG-za8IaY

未分類 コメント(0) トラックバック(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gdmt.blog47.fc2.com/tb.php/56-3fb42eef
 ホーム