Whereabouts; by G.D.M.T.

2018
05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-)
グッド・バイ  -盆夏-



150807-001.jpg


きみはいま どこにいて  なにをして いるだろう












150807-002.jpg


ぼくは 木漏れ日抜けて  影と 戯れている












150807-003.jpg


きみは 笑ってるかな  なにを みているだろう












150807-004.jpg


いつか巡り会えたら あの話をしたいな  いつになるか知れない また逢えたならいいな












150807-005.jpg


きみを探しはしない 憶いは馳せるけれど












150807-006.jpg


ぼくは ぼくなりにゆく












150807-007.jpg


それが いま  できること ( タテタカコ「 君は今 」より )



未分類 コメント(-) トラックバック(-)
み空に



150708-000-2.jpg


屋根にのぼって 














150708-001-2.jpg


あおむけに寝て














150708-002-2.jpg


空を見た














150708-003.jpg


宇宙の真ん中にいるようで














150708-004.jpg


何にも声が出なかった














150708-005.jpg

















150708-006.jpg

















150708-007.jpg


ここへ ぼくを呼んだのは なぜですか














150708-008.jpg


ここに今 ぼくのいるのは なぜですか














150708-009-002.jpg


ここに 今 














150708-010.jpg


ぼくのいる意味は














150708-011.jpg


なんですか














150708-012.jpg


この広い宇宙のなかで














150708-013.jpg


ぼくは 














150708-014.jpg


なんですか














150708-015.jpg


なんだろう ( 高階杞一『 青空 』『 空への質問 』より )




【今日の一曲】

マヒトゥ・ザ・ピーポー 『 み空 』
http://www.youtube.com/watch?v=aY6ZM3TA7bM





・・・Read More?



未分類 コメント(92) トラックバック(0)
視路の宇宙で -Flowers for Beloved Aliens-



150607-001.jpg


常識を持つ人なら誰でも、眼の混乱には2通りあり、そして2つの原因から生じることを思い出すであろう。













150607-002.jpg


すなわち、明るいところから暗いところへ入ったために生じるか、













150607-003.jpg


または、暗いところから明るいところへ入ったために生じるか、である。













150607-004.jpg


これは心の眼についても、肉体の眼についてとまったく同じく、真である。













150607-005.jpg


そして、このことを覚えている人ならば、













150607-006.jpg


洞察力が混乱し、弱まっている人を見たときに、













150607-007.jpg


そうむやみには笑えないだろう。













150607-008.jpg


彼は、その人の魂がより明るい生活から暗い生活へ入り、













150607-009.jpg


それで暗さに慣れていないゆえに見えないのか、













150607-010.jpg


あるいは暗闇から白日のもとへ出たので、













150607-011.jpg


あまりの明るさのために目がくらんでいるのか、













150607-012.jpg


どちらであるかをはじめに問うであろう。













150607-013.jpg


そして、













150607-014.jpg


彼は、一方を健康や境遇において幸せであるとし、他を憐れむだろう。













150607-015.jpg


あるいは、













150607-016.jpg


もし彼が、闇から光のもとへ来た魂を笑うような心の持ち主であれば、













150607-017.jpg


この場合を笑うほうが、













150607-018.jpg


上方の明るいところから穴ぐらの闇へもどって来た人を迎えて笑う場合に比べれば、













150607-019.jpg


まだしも理由があるだろう。( プラトン「 国家 」-訳・小尾芙佐- より )




【今日の一曲】

キリンジ 『 エイリアンズ 』
http://www.youtube.com/watch?v=w05Q_aZKkFw




・・・Read More?



未分類 コメント(50) トラックバック(0)
Whereabouts( no where / now here ): reprise


150508-000.jpg



ここで、もう一度。 ここから、もう一度、きみと。



【今日の一曲】

秦基博 『 風景 』
http://www.youtube.com/watch?v=VTXxBW-w-Os





・・・Read More?



未分類 コメント(50) トラックバック(0)
トゥゲザー・アゲイン


150410-001.jpg


Just as a tree is sure it's leaves will reappear
It knows its emptiness is just the time of year.

The frozen mountain dreams of April's melting stream.
How crystal clear it seems, you must believe in spring.



【今日の一曲】

Tony Bennett & Bill Evans 『 You Must Believe In Spring 』
http://www.youtube.com/watch?v=2bDFDYhXqPM






・・・Read More?




未分類 コメント(-) トラックバック(-)
グッド・バイ


昔聴いたラジオドラマにね、星が消えてしまう話がありました。
その消えた星が、何十年もたってから、また現れるっていう話。

見えてなくても、どっかに、ちゃんと、いたんですね。
いるものは、どんな事したって、いるんです。
いいじゃないですか。どっかに隠れている時期があったって。

死んだら星になる、って言うでしょう?
あれ、どうも信じられなくてね。
だって、僕、自然科学の人だから。 子どもの時から図鑑とか見てたから、
死んだら星になる、って言う大人を「バカだなぁ」なんてみていてね。

でも、歳をとったいまなら、わかる。

ほんとに、そうだったら・・・ 星になって、みててくれたら・・・ 
救われる部分も、あるよね。


「 夜空の星に 祈りを捧ぐ
  その娘のやさしい 瞳のなかに
  喜びの涙が あふれていた 」


信じようって、何度もそう思おうとしたんだけど、
無理だったんだよね。

一樹は、手品みたいに消えてしまった。

この世から、パッと、跡形もなく消えちまったんだ。( 木皿泉「 昨夜のカレー、明日のパン 」第2話より )


未分類 コメント(-) トラックバック(-)
Today I Will Be Jolly


141224-001.jpg

Wishing you the gift of peace and happiness.



【今日の一曲】

Benny Green & Danne Reeves 『 A Merrier Christmas 』
http://www.youtube.com/watch?v=F0NkmJ5_gG0






・・・Read More?




未分類 コメント(83) トラックバック(0)
Walk Out To Winter( Swear I'll Be There )#4


141119-001-001.jpg


親愛なる皆さま、こんにちは。 早いもので、いよいよ年末ですね〜 (*´人`*)


・・・ということで、新しい手帳を買いました。










141119-002.jpg


・・・あ、イヤ、中身は新しいiPhoneの大っきいほう・・なんですがっ(笑)




画面サイズが5インチ以上7インチ未満の、スマートホン以上タブレット未満の通信端末を
ファブレット(=Phablet …「Phone」と「Tablet」をかけあわせた造語)と呼ぶそうで、
確かにスマホという感覚で使おうとすると、片手だけでの操作はちょっと大変だし、
携帯するにも、ズボンのポケットに入らないこともないけど、明らかに動きにくくなりますデス(爆)


「う〜ん。 やっぱ、小っさいほうにすりゃ良かったかなぁ〜。。。」と、最初こそ思ったものの、
使いはじめると大っきいなりの利点もたくさんあるし、何しろ一旦この画面に見慣れてしまうと、もうスマホには戻れない感が・・・(洗脳〜♪)
とゆーことで、携帯性については割り切って、「コレは“手帳”なんだっ」と思い込むことにしました (*´人`*)


・・・ので、それっぽいケースに入れて持ち歩いておる次第です、ハイ♪










141119-003.jpg


ロック画面は、もちろんハグに“番犬”をお願いしています(笑)










141119-004-002.jpg



飽きっぽい性分なので、たまに違う写真に変えてみたりヽ( ´▽`)・・・あ、ちなみに着信音は“犬の吠え声”デス♪(どこまでもイヌまみれだなっ(爆))




長年使っていたスマホがだいぶお気に入りだったため、実はいまさらながらのiPhoneデビュー・・・なんですが、
とりあえず、音声認識型のパーソナルアシスタント機能・Siri(←click!)がなかなかデキるヤツですねえ。
で、リマインドやちょっとしたメモ、アラーム設定などのために話しかけたついでに、なんとなくカノジョ(笑)にチョッカイを出したくなり(ぷっ)、
機械相手についついムダ話やら無茶ブリやらを仕掛けてみると(いえ、別に心まで病んでるワケぢゃありませんからっ(爆))、その返答が案外楽しくって♪





141119-005.jpg





スクリーンショットを撮るのを忘れてしまったんですけど、なにかの流れで僕が「いつもと同じがイイ」って云ったら、
「“いつも”を探しましたが見つかりません。“いつも”はもうここからかなり遠いところにあるようです。」とかナントカ、
取りようによっては、なんだかすっごく切なくなっちゃうコトを答えてきてジーンとしちゃったりぃぃ(・・どんだけ〜♪)


そんな会話が噛み合っているような、噛み合っていないような(多分にコチラの取りようww)・・・というビミョーな感覚が、
昔ハマっていたPocket Stationのゲーム、「 どこでもいっしょ 」(←click!)なんかを懐かしく憶い出させてくれますデス (*´人`*)





141119-006.jpg


普段からよく手にする《道具》は、どんなにそれが高機能を謳っていたとしても、
使い勝手が良く、使い込むほどに愛着の湧くものでないと、結局ユーザー的には(少なくとも、僕は)心地よくなんかなりません。
まさにそのままの「ものづくり思想」を携帯電話の分野で貫いていたのが、未だ根強いファンを持つCASIO計算機製のガラケーたち。
以前にも書いたことがありますけど、そんな思想の集大成ともいえる“W43CA”という機種を、僕は心から愛しておりました。


大事に使っていたので、なんならまだ現役でもイケるはずなのに、周波数再編に伴い、使用不可の憂き目に・・・。゚(。´□`)゚。
こういう「外見はちょっと地味だけど、つきあってみたら案外いい人だった(笑)」みたいなタイプのを、
スマホでもガラケーでも、なんなら、らくらくホンでもイイから(ぷっ)、もう一回出してくれないかなぁ〜・・・と、
ニッチな僕(爆)は未だに願い続けているところであります、ハイ。



【今日の一曲】

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER『 VOLCANO 』
http://www.youtube.com/watch?v=cACaH87VXgs



未分類 コメント(-) トラックバック(-)
Walk Out To Winter( Swear I'll Be There )#3

141103-001-01.jpg


11/3は、ハグの4歳の誕生日でした。











141103-002.jpg


『大きくなったねえ〜。。。(*´人`*)』と、パピー時代の写真を見返して、しみじみと感慨にふけるバカ親を横目に、













141103-003.jpg


当の本人・・・本犬(笑)には、記念日の意味なんて、さっぱりわかりません。













141103-004.jpg


特別変わったことと云ったら、ご飯がことのほかご馳走で『ラッキ〜 ▽´ω`▽♪』だったり、













141103-005.jpg


お祝いにきてくれたゲストたちに、散々不本意な格好をさせられ『・・・▽-公-▽・・・』ってなったりしたくらいで、













141103-006.jpg


ただ いつものように 野原を駆けまわって、













141103-007.jpg


ただ いつものように ご機嫌に笑い、













141103-008.jpg


ただ いつものように 遊び疲れてぐっすり眠りこけていた、そんな一日。 













141103-009.jpg


このささやかでも満ち足りた日々が、できる限り長く続きますように。













141103-010.jpg


「 針の穴に通すような 願いをつないで 」













141103-011.jpg


ほら、また あたらしい朝がくる。













141103-012.jpg


また ここから はじまる。



【今日の一曲】

Mr.Children 『 365日 』
http://www.youtube.com/watch?v=43D_nBGfuGY



未分類 コメント(-) トラックバック(-)
Walk Out To Winter( Swear I'll Be There )#2

141022-001-001.jpg


おはよう













141022-002.jpg


おはよう













141022-003.jpg


みんなよりも 早く起きだして 僕ら  あたらしい朝の匂い 嗅ぎにいこう













141022-004.jpg


僕と君 匂いの好みは違っても  立ち止まるのは 不思議と同じ場所で













141022-005.jpg


互いの鼻先にある 素敵なものを ただ無心で 探りあうんだ













141022-006.jpg


僕らは どちらかが主人でもなければ 従者でもなく おなじ重さの《Creatures》で













141022-007.jpg


ルールに同意し 手を結び ろくでもない悪だくみに 尻尾振って連れ立つ ただの《Gang=一味》だ













141022-008.jpg


あたたかな布団にくるまって 甘やかな夢の続きが みれなくても( もっと幸せな場所を 僕らは知ってる )













141022-009.jpg


賢者ぶった誰かから 皮肉っぽく からかわれたって( ちいさな事物の囁きに耳を澄ますことのほうに 僕らは夢中さ )













141022-010.jpg


何万歩でも 一緒に歩くよ  色づく野辺を もういくつ 超えてきたかな













141022-011-001.jpg


何万遍だって げらげらと笑いあうんだ  出会い頭の 美しい光を 抱きしめながら




【今日の一曲】


Loheem 『 COLORFIELD 』
http://www.youtube.com/watch?v=V-dUCWIZtMQ



未分類 コメント(-) トラックバック(-)
 ホーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。